基礎代謝と運動

基礎代謝運動にはどのような関係があるのでしょうか。基礎代謝は筋肉の消費するエネルギーがその大部分を占めます。エネルギーを消費してくれる筋肉を作っていくのに必要なのが「運動」です。

無酸素運動と有酸素運動

運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」があります。この両方をバランスよく組み合わせることによって、効果的に筋肉が鍛えられ、基礎代謝を上げることができます。運動の順番は、「無酸素運動」→「有酸素運動」が効果的です。

基礎代謝を上げるのに必要なのは「無酸素運動」です。無酸素運動は、筋肉を作り上げ、その体温を維持するために消費カロリーを増やします。筋肉トレーニングなどが効果的ですが、同じ箇所ばかりに集中しないよう、身体の各部位を鍛える運動を数種類組み合わせるとよいでしょう。

有酸素運動は、酸素を体内に取り込んで、脂肪の燃焼を促進させます。無酸素運動で脂肪を燃焼しやすい状態にしておくと効果的です。

有酸素運動の代表的なものはウォーキングやエアロビなどです。通常は、20分以上運動を続けることによって、脂肪の燃焼が始まります。激しすぎる運動をするのではなく、無理なく続けられる運動を心がけましょう。また、有酸素運動は生活活動代謝を増やすのにも効果があります。

運動は一日少しずつ、週3日程度でよいのです。続けていくことが大切です。筋肉の量が増えれば、疲れにくくなり、活動量が増え、消費エネルギーをさらにアップさせることができるようになります。

関連ページ

メインメニュー
  • 基礎知識
  • ダイエットのポイント
  • 基礎代謝を上げる 〜運動
  • 基礎代謝アップ 〜その他
  • ダイエットコラム
  •