基礎代謝と食事

ダイエットで体重減少を目指すときには、食事制限をして摂取カロリーを減らそうとするものです。しかし、基礎代謝との関係を見てみると、カロリーを減らして一時的に体重が落ちたとしても、それは基礎代謝に必要な筋肉が落ちてしまったことが原因です。代謝が落ち、結果的に「太りやすい身体」をつくってしまうことになりかねません。

消費エネルギーと摂取エネルギー

基礎代謝で消費されるエネルギーが、もし食べ物から得る摂取エネルギーよりも多いと、足りないエネルギーが体脂肪から燃焼され、一時的に体重は減少します。

しかし、カロリーばかりを気にした食事をとって、栄養が偏ると代謝が下がってしまいます。代謝が下がれば消費エネルギーも減ってしまい、長い目でみると、決して良いやせ方ではないのです。

一番良いのは、代謝を高めるような食事を心がけ、消費エネルギーを高め、太りにくい身体をつくることです。代謝には筋肉が不可欠です。筋肉を落とさないためにも、栄養バランスのとれた食事をとりましょう。

関連ページ

メインメニュー
  • 基礎知識
  • ダイエットのポイント
  • 基礎代謝を上げる 〜運動
  • 基礎代謝アップ 〜その他
  • ダイエットコラム
  •