隠れ肥満とその対策

隠れ肥満という言葉を聞いたことはありますか?隠れ肥満とは体重は標準であったり、見た目は痩せているようにも見えるのに、体脂肪率だけを見ると肥満に該当することをいいます。

例えば、体重は以前と比べて増えてはいないのだけれど、ウエストが大きくなってきた・・・といった場合も隠れ肥満になります。

隠れ肥満の原因

隠れ肥満の原因にはいくつかのことが考えられますが、1つは過度のダイエットや間違ったダイエット方法を実践してしまった人。

この場合は体重は減少して一見、ダイエットは成功しているようにも見えるかも知れません。しかし、実際のところは、筋肉量を減らして体重が減少しているだけかも知れません。

筋肉量が減少して、脂肪が増えた状態はまさに隠れ肥満といえます。隠れ肥満の方は生活習慣病のリスクも高く、早めに対策をとる必要があります。

まずは無理なダイエットはしないこと。そして、食事に注意することは勿論ですが、運動も同時に行うようにして下さい。運動といっても激しい運動ではなくても構いません。まずはウォーキングからはじめてみましょう。

関連ページ

メインメニュー
  • 基礎知識
  • ダイエットのポイント
  • 基礎代謝を上げる 〜運動
  • 基礎代謝アップ 〜その他
  • ダイエットコラム
  •